糖尿病の発症の仕組み  

病棟看護師 山下 奨太
 
糖尿病とは
糖尿病とは、血液中のブドウ糖(血糖)が高い状態が続き、血管にダメージを与え腎臓、目、神経、循環器の機能を失わせることにつながる病気です。
症状が進行すると心筋梗塞、脳梗塞など命にかかわる合併症や網膜症による失明、神経障害など生活に支障が出るような合併症を引き起こすことになります。


インスリンの働きと糖尿病発症の仕組み
インスリンは食事の栄養素を体内で利用するときに必要なホルモンです。
体の中で唯一血糖を下げる働きがあり、血液中のブドウ糖をコントロールしています。
食事をとると糖質が消化されブ、小腸から吸収されて血液中に入ります。
血液中のブドウ糖は肝臓や筋肉に取り込まれ、エネルギーとして使われます。

何らかの原因により、インスリンが不足したりうまく作用しないと、血液中のブドウ糖を肝臓や筋肉に十分に取り込むことが出来ません。
また、内臓脂肪が蓄積すると、インスリンの働きを邪魔する物質がでてインスリンの効果を低下させるため、血糖値が上がり糖尿病を発症します。
  
糖尿病の症状
糖尿病の症状は初めのうち、痛みなどの自覚症状はありません。
検査で血糖値が高く、治療が必要と言われたことがあっても、治療を受けない人が多いのはそのためです。

放っておくと出てくる症状として
・のどの渇き ・足のしびれ ・多尿 ・体重減少 ・倦怠感 ・足のしびれなど などがあげられます。
これらの症状が現れたころにはすでに糖尿病はかなり悪化しています。

糖尿病のタイプと要因
糖尿病にはいくつかのタイプがあり、大きくは1型糖尿病、2型糖尿病に分けられます。

・1型糖尿病
膵臓のインスリンを作る細胞が破壊され、体の中のインスリン量が不足して起こります。
子供のうちに始まることが多いですが、成人してからの発症もあり、後述の2型糖尿病から移行することもあります。

・2型糖尿病
インスリンの出る量が少なくなってしまったり、インスリンは出ているものの、その働きが落ちて糖の利用がうまくできなくなったりして起こります。
食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多く、日本人の糖尿病の95%がこのタイプです。

・その他 
糖尿病は、遺伝子の異常や肝臓や膵臓の病気が原因となって引き起こされるものや、薬剤が原因の場合もあります。

治療の目的は、合併症予防です
 糖尿病の治療の目的は、冒頭で紹介したような糖尿病によって起こる合併症を予防することです。
血糖値を十分に改善させれば合併症を生じさせないことが知られています。

治療や合併症予防についてさらに知りたい方は、当院で開催している「糖尿病教室」にお越しください。
病院の色々なスタッフが専門性を生かして糖尿病に関する話題を分かりやすく説明します。

奇数月の第一木曜日14:00から病院1階で行っております。
もちろん参加は無料ですし申し込みも不要ですのでお気軽にお越しください。