第194回北見病院利用委員会の報告

11月19日開催

1. みんなの声

○ 2か月ごとに外来へ行きますが、その度に呼ばれる名前が小さくてはっきり聞こえないのです。大きな声で呼ぶことをお願いします
 → はっきりと伝わるように努めることを医師を含め確認しました。耳が遠いことを病院で把握している方には、紫のクリアファイルを持っていただいて職員が気付きやすいように工夫を始めました。

○ 外来の車いすトイレについて、便器横のスイッチ類が邪魔で使いにくいです 
→ 現地で確認を行いました。便座とウォシュレットのスイッチが一体のものが設置されており、次回更新時に検討を行います。手すりがステンレス製で冷たいこと、ストーマなどの処置する場所がないなどの指摘がありました。課題として多目的トイレとして整備が必要と確認をしました。

○ 入院してどうしても申したいこと。テレビのカードが無くなるのが早い 
→ 調査を実施したところ、リース会社からのテレビの設置台数によって時間が異なることがわかりました。契約時間について交渉中です。

○ 友の会ニュースで知ったのですが、口腔内をブラシできれいにしたところ、辛かった口内炎がなくなりました。ありがとうございます。

利用委員から

○ 北見病院で診察時に医師より介護を担当しているご家族に労いの声掛けがありうれしかったとの話を聞きました。

2. 友の会バス

 10月の利用者数は1日平均11.3人。そのうち送りのみの方は6.6人、新しく利用された方は3人です。

3. その他

○ 各事業所の取り組みについて報告がありました。

○ デイサービスには幼稚園や小学校から訪問がありました。グループホームには社会福祉専門学校の学生が実習に入っています

○ 病院の床清掃を実施しています。


次回委員会は12月17日です